読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WiMAXを利用して感じたメリット・デメリット!繋がりの悪さはあまり感じない

f:id:mukyoyo_na_k:20160112010110j:plain

WiMAXの契約を考えている人で「月々に支払う料金を節約したい」や「データ通信量をたっぷり使いたい」と考える人は多いのではないでしょうか。

特に、WiMAXはギガ放題という通信量無制限のプランがあるため、インターネットをたっぷり楽しみたい人にオススメです。

では、WiMAXを使用するにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるかを詳しく見てみましょう。

メリット1:格安SIM台頭でも使い放題ならWiMAX

WiMAXの通信速度は、動画やホームページの閲覧などインターネットからデータを取り込む速度「下り」最大220Mbps、メールやデータをインターネットへ送信する速度「上り」最大13.3Mbpsと高速なモバイル通信でインターネットを使用することができます。

一般的に、通信速度は5Mps以上あればストレスなく動画を視聴することができると言われているため、WiMAXの通信速度はかなり高速と言えます。

また、WiMAXのプランには通信量無制限プランのギガ放題があり、データ通信量に制限のあるdocomoやauのような大手キャリアと違って通信量を気にすることなくインターネットを使用することができることも魅力の1つです。

メリット2:端末込みなのに月額料金が安い

通常、docomo、au、SoftBankのような大手キャリアでは通話基本料に加えてデータ通信量が大きいほど月額料金が高くなるよう設定されています。

SoftBankのギガモンスターであれば、データ通信量20GBで6,480円、30GBで8,640円と使用可能なデータ通信量が増えるほど月額料金が高額になるため、特に節約したい人には向いていません。

さらに、現在SoftBankのギガモンスターでのテザリングオプションは無料で提供されていますが、2017年5月以降は月額使用料として1,000円課金されるため注意する必要があります。

一方、WiMAXは約4,380円の定額料金でデータ通信量を無制限に使用することができ、テザリングオプションを追加することなく複数の端末でインターネットを共有することができるため大手キャリアよりも格安でインターネット通信を使用することが可能です。

また、WiMAXを提供しているプロバイダは、本家であるUQコミュニケーションズ以外にもGMOやSo-netのようなMVNOと呼ばれるUQコミュニケーションズの回線を利用してWiMAXを提供しているプロバイダがあります。

このMVNOのプロバイダでは、キャッシュバックや月額料金の値引きなど独自でキャンペーンを設けているところが多いため、さらに月々の料金を抑えてインターネットを利用することができるのです。

ただし、キャンペーン内容は時期によって異なりますので、よりお得に契約するためにも契約前に他社のキャンペーン内容を比較するようにしましょう。

メリット3:WiMAXはすぐ届いて工事不要で使える

固定回線の場合、回線工事が必要な場合があり利用開始までに約2週間から1ヵ月と時間を費やしますが、WiMAXは回線工事が不要なモバイルルーターのため固定回線よりも早くインターネットを使用することができます。

また、WiMAXは 配線が不要なため部屋が配線まみれになることがなく、手軽に持ち運び可能なため場所を気にすることなくインターネットを使用することができます。

Broad WiMAXなら最短翌日に届く

WiMAXはインターネット上で契約するプロバイダが多いため、発送から受取まで1週間程かかる場合があります。

しかし、Broad WiMAXであれば契約即日にWiMAXの端末を発送され、最短で翌日に受け取ることができるため、仕事などでモバイルルーターを早く使用したい人にオススメです。

メリット4:初期費用が低価格-端末無料のプロバイダ有

WiMAXのプロバイダが取り扱っているキャンペーン内容にはキャッシュバック以外にも初期費用無料やWiMAX端末代金0円などがあります。

事務手数料として3,000円程かかる場合が多いですが、固定回線のように数万円の工事費が発生することがありません。

加えて大手キャリアのように高額な端末代金を一括または分割で支払う必要もないため、初期にかかる費用を大幅に抑えることができます。

メリット5:必要に応じてLTE通信が利用可

仕事や旅行などで持ち運ぶ場合、WiMAXにはエリア郊外や地下などインターネットに接続しにくい場所があります。

しかし、WiMAXのLTEオプション対応機種であれば通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えるだけで、auの4G LTE通信を利用することが可能です。

4G LTEは、WiMAXよりも遠くまで電波の届き易い周波数帯を使用することができるため、WiMAXではインターネットに接続しづらい場所でもインターネットに接続することができるのです。

ただし、「ハイスピードプラスエリアモード」を月に1度でも使用した場合、当月の月額料金に1,005円が課金されますので気をつけておきましょう。

デメリット1:WiMAXでも通信制限は存在する

ギガ放題プランでは3日3GBの制限がある

ギガ放題はデータ通信量を無制限に使用できるメリットがありますが、回線の混雑を回避するために3日間のデータ通信量の合計が3GBを超えた際に、翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで通信速度に制限がかかるという条件があります。

しかし、通信速度に制限がかかったとしても、YouTube動画の標準画質を見ることができる速さを目安としており、6Mbps程度の通信速度が出ているため特に問題なく通常通りインターネットを使用することができます。

通常プランとLTEオプションは月間7GBの制限

通常プランとハイスピードプラスエリアモードは、月に使用できるデータ通信量が7GBと定められており、7GBを超えると通信速度が128kbpsと大幅に低速します。

ギガ放題のプランを契約していても、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えた場合は、データ通信量を無制限に使用できるはずの通常モードに切り替えたとしても128kbpsの速度制限が適用されるため注意して使用しましょう。

ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、例えばWiMAX2+で3GB・auLTEで4GBの合計7GBで通信制限が発生します。

一度ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、切り替えと同時に残りの通信量が7GBで固定されるため、使い放題目的の人は注意して下さい。

1,005円でプラチナバンドが利用できるためつながりやすさは格段に上がりますが、代わりに7GBの縛りも買うこと忘れないでください。

デメリット2:障害物に弱い傾向がある

WiMAXは大手キャリアに比べて2.5GHzと数値の大きい周波数帯を使用しています。

数値が大きい周波数帯は通信速度が早く容量の大きいデータを転送する場合に向いていますが、電波の直進性が強く障害物に弱いというデメリットがあるため、数値の低い周波数を使用しているLTEに比べて通信が弱い傾向にあります。

そのため、建物の奥まった場所や窓の少ない閉鎖的な空間では電波が届きにくく、通信速度が低下したりインターネットの接続が途切れたりすることもあります。

室内で繋がりにくさを感じたら窓際にWiFiルーターを置くとよいでしょう。

デメリット3:使わないと割高に

モバイル通信をあまり使用しない場合は、格安スマホや大手キャリアなどで1GBや2GBなどデータ通信量の少ないプランの方がお得に契約することができます。

WiMAXのプランはデータ通信量の一番少ないものでも7GBあり、モバイル通信をよく使用する人に向いているため、あまりモバイル通信を使わない人にとっては割高に感じる可能性があるのです。

しかし、WiMAXは通信量無制限でインターネットをたっぷり楽しめることが最大のメリットなので、今まであまりインターネットを使用していなかった人もWiMAXに乗り換えて外出先や移動中にYouTubeを視聴したり、気になる情報を収集したりして快適なモバイル通信ライフを楽しんでみてはいかかでしょうか。

デメリット4:契約解除料が存在する

WiMAXに限らず通信サービスの多くは、一定の契約期間が定められています。

WiMAXは契約から2年後の契約満了月に解約すれば無料ですが、それ以外の月に解約した場合は契約解除料として、

  • 13ヵ月以内  19,000円
  • 14~25ヵ月目 14,000円
  • 26ヵ月以降  9,500円

と別途料金が発生するのです。

契約満了月以外の契約解除料はスマホや固定回線でも発生するものなので、WiMAXだけのデメリットではありませんが契約書に記載された契約満了月を覚えておくと良いでしょうね。

WiMAXはこんな人向け

WiMAXの最大のメリットは、大手キャリアにはない通信量無制限プランのギガ放題です。

データ通信量に制限がある大手キャリアでは、制限を超えた場合128kbpsと大幅に低速し、翌月になるまでインターネット通信に不自由さを感じますが、WiMAXではその心配がありません。

また、3日3GBの条件がありますが、通信速度に制限がかかったとしても問題なく通常通りモバイル通信を行うことができるため、データ通信量を気にせず思いっきりインターネットを楽しむことができます。

たくさん使う人ほどWiMAX2+はお値打ちなポケットWiFiなのです。

まとめ

WiMAXには、エリアや場所によってインターネットに接続しづらかったり、通信量に制限があったりとデメリットはありますが、安い月額料金でインターネットを無制限に使用できるメリットに比べたら我慢できる範囲内ではないでしょうか。

WiMAXを使用する場所や月々のデータ通信量を気にすることなくインターネットを楽しむことができます。

普段からインターネットをよく使用する人はもちろん、今まであまりモバイル通信を使用していなかった人もWiMAXで動画を楽しんだり、新しい情報を得たりして快適なモバイル通信ライフを楽しんでください。

関連記事

ポケットWiFiは無制限で使える?最安値おすすめTOP3を徹底比較!