自宅でWiMAXを使ってたら電波が急に弱くなった!どうすれば直るの?

f:id:mukyoyo_na_k:20151103234625j:plain

WiMAXにかぎらず、モバイル回線に時折発生する電波障害。

普段はバリ3(電波強度MAX)で通信できるのに、何かの拍子に繋がらなくなってその状態が数分間継続する事があります。

突然の回線切断はストレスがたまりますし、頻繁に発生するようなら解約も頭によぎります。それくらい電波障害や繋がりにくくなる現象は、モバイル回線には致命的なのです。

そこで、WiMAXの電波が急に弱くなったり電波が頻繁に途切れる場合に、どんな解決策があるのかを簡単にまとめておきます。

電波がつながらなくて困っている人や、これからWiMAXを使いたくて悩んでいる人は参考にしてみてください。

室内でずっと繋がりにくい

WiMAXの2.5Ghz帯と呼ばれる室内に届きにくい電波を利用しているので、四方を障害物に囲まれた住宅やコンクリートマンションの奥まった居室での通信は不向きとされています。

窓の付近だと問題なく通信できるのに、少し離れると電波が弱くなるのはそのためです。

対策としては専用のクレードルを購入し有線LANで無線ルーターに繋ぐのがコストはかかりますが、一番確実に電波を家中に届けることができる方法です。

無線LANルーターやクレードルを持っているなら、是非試してみてください。驚くほどネット環境が改善されるはずです。

もっと安く済ませたいなら100均一の調理用ステンレスボウルの真ん中に端末を置いて、パラボラアンテナ風にして電波強度をアップさせることができます。初めて聞いた時は信じられませんでしたが、実際に試したら効果は抜群でビックリ。100均のボウルと食器立てで電波改善ができますから、自宅で電波に困るようでしたら利用してみてください。

話はそれますが家の中でもっとも電波が届きにくい場所は、柱と壁が密集しているトイレです。トイレに持ち込んだら圏外になることもありますので、注意してくださいね。

頻繁に途切れる

電波が届いてるのに、パソコンやスマホの接続が頻繁に途切れているなら、端末を疑ってください。

一番手っ取り早いのが、端末をリセットして初期化することです。コンピューター機器の面白いところは、連続して起動させていると動作上で一時的に不具合を発生させることがあります。人間に例えたら過労がたたって寝込むようなものですね。

端末を初期化してもダメなら、スマホやパソコンも疑ってみましょう。特にスマホは頻繁にアプリがアップデートされるので、本体のプログラムに掛かる負担も大きくなります。めったに電源OFFにならないので、ストレスはWiMAX端末の比ではありません。

電波が途切れると感じたら、電源のON/OFFを試してみてください。

天気で変わる

天気で繋がりにくくなることはありませんか?

携帯電話通信に利用される電波は極超短波とよばれ、雨が降ると減衰して速度低下が起こる電波とされています。その中でもとりわけ高周波数のWiMAXは、雨の影響を受けやすく雨の日の電波強度や通信速度が低下するのです。

ただ、熱帯雨林の大豪雨にでもならないかぎり通信不能になることはまずありません。それより災害で設備の損傷して、通信不能になる可能性のほうが高いでしょうね。WiMAXは過去に数度災害で通信不能になったことがありましたし。

雨の日に若干の速度が下がるのはモバイル回線の宿命ですから、あまり気にしすぎないほうが良いと思います。

まとめ

WiMAXにまつわる電波が弱くなる原因と対策を3つ上げてみました。

アクセス集中による速度低下だけはどうしようもありませんが、それ以外ならちょっとした工夫で快適に使えるようになりますのでお試しあれ。