読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お得なWiMAXを比較!失敗しないプロバイダ選び

f:id:mukyoyo_na_k:20160408195302j:plain

WiMAX2+といえばたっぷり使えるモバイル・インターネットとして、人気の高いWi-Fiです。

速度に関しては残念ながら3日3GB制限という厳格な制限が存在します。しかし通信量無制限は会社側からの公式として制限は行わないというアナウンスから、大容量通信を唯一受け止められるモバイルWi-Fiとして確固たる地位を築いています。

ここではそんなWiMAXの掲げる無制限とは一体どういうものなかに触れて、WiMAX2+の無制限について詳しく解説していきたいと思います。

先に結論を述べますと、日常利用では通信速度の制限すら感じさせない高速通信と大容量データ利用可能な優秀なモバイルWi-Fiサービスです。

一点だけ欠点をあげるなら、限られた電波帯域で健闘しているものの、エリアやつながりやすさでドコモに敵わないところでしょうか。

速度無制限時代

WiMAX2+サービスインの前、WiMAXは速度容量無制限の高速モバイル回線として多くのユーザーにそのサービスを提供してきました。

WiMAXの社長も打倒固定回線を掲げて、固定回線をモバイル回線で塗り替えることに真剣に取り組んできたチャレンジャーでした。

しかし、スマホの登場に伴いモバイル回線の負荷が爆発的に上昇する時代に入ります。

有限な電波という資産を国民全員が平等に共有するためには、どうしても速度を制限しないとダメな時代がやってきたのです。

WiMAX2+はそのモバイル通信量が爆発的に増えた時期にサービスを開始し、無制限で突き進もうとするも平等なデータ交換のために速度を制限せざるを得なくなってしまいました。

導入当初はWiMAXに倣って速度・容量無制限で頑張っていたのですが、業界全体の流れから3日3GB制限の導入に踏み切らざるを得なくなってしまいました。

そこでユーザーとの問題が発生してしまったのです。

無制限から700kbs制限時代へ

WiMAX2+準備期間を経て、3日3GB制限を導入します。制限時は実測700kbpsまで速度を低下させることは事前に広報からもアナウンスしていました。が、マニアくらいしかそんな情報は気にかけていなかったので、販売員も購入者もWiMAXは速度無制限であると思って契約を続けてきました。

WiMAX2+はモバイルWi-Fiとしては超高速の220Mbps。実測では40Mbpsほどと固定回線にも負けない速度で通信する回線でしたので、固定回線代わりに利用するユーザーもいたことが問題を更に大きくしたのだと思います。

WiMAX2+はアナウンス通り3日3GB制限を開始します。今まで40Mbpsで通信できていた回線がある日突然スマホのLTEよりも遅い速度しか出なくなるのですから、多くのユーザーは困惑しました。

特に固定回線で使っていた人は、PCサイトの表示にもストレスを感じるレベルになったのですから、騙された!と思ったことでしょう。

実際は販売する側の知識不足や、売るために制限のことを説明しない姿勢がまずかったのですが、ユーザーには関係ありません。契約した時の話と違うのですから、その怒りは最もです。

実際に解約問題に発展する自体になり、一時期WiMAX2+への評価は地に落ちかけたのです。私も700kbpsという制限速度はスマホで使うには我慢できるけど、ホームルーターまで用意しているWiMAXではありえない制限速度だと感じました。

流石に反発が大きすぎたのか、UQWiMAXは制限時の速度を大幅にアップさせることで無制限時代からのWiMAXファンに答えようとします。

700kbpsってどれくらい?

具体的に700kbpsがどれくらいかというと、ユーチューブの標準画質が再生可能なレベルと言われています。

WiMAX2+の広報曰くでは、ユーザービリティを下げないギリギリの速度という説明でしたが、流石に無茶がある速度だったと思います。

PC向けサイトは重たい事が多く、700kbpsという速度では到底快適な表示はできません。とはいえそのおかげで実測7Mbpsという、体感上制限されているのかわからない制限速度に引き上げられたので結果ヨシです。

速度無制限から制限後実用域7Mbpsへ

f:id:mukyoyo_na_k:20160408195411j:plain

結局WiMAX2+は速度では無制限ではありません。実際700kbps時代にはとてもではありませんが快適に楽しめるサービスとは言いがたいレベルのものでした。

ですがユーザーの声に応える形で制限速度実測7Mbpsに大幅な速度アップすることで、速度無制限とは言えないものの遜色ないレベルにまで商品価値を高めたところがWiMAX2+の強みとなったのです。

ライバル他社が制限速度128~200kbpsに対し、7Mbpsで常時通信可能なモバイルWi-Fiは他にないWiMAX2+の魅力と言えます。

実際フルHD画質の動画でも視聴可能な回線速度ですから、人によっては速度制限が発生したことさえ気づかないくらいなのです。

速度容量無制限のサービスの中には、ぷららモバイルなど格安SIMにも存在しています。ですが最初から遅い回線ばかりで、利用にはかなりの我慢がしいられてしまいます。

変な表現ですが、我慢が必要な無制限と、我慢がほとんど必要ない制限ではどちらが良いのかを考えるとWiMAX2+の速度制限は決して悪いものではありません。

容量無制限は本当なの?

実はこの容量無制限なのですが、1ヶ月に2,000GB以上の通信をしたらWiMAXから電話が入って解約をお願いされた、という未確認の口コミも存在しています。

ですが匿名掲示板の投稿によるもので、証拠もないため嘘か真実か真相はわかりません。

その掲示板ユーザーのどうしたら月2,000GBも使えるのか?という質問には、データ交換ソフトで延々とデータ交換していたと答えていましたので、超がつくほどのヘビーネットユーザーであることがわかります。

なおWiMAXで2,000GBを1ヶ月で使おうと思ったら、HD画質の動画を24時間41日連続で再生して初めて到達する数字です。

普通に使う分には絶対に使えない数字であることがわかります。ですが、無制限といっているのに2,000GBの通信で解約させられるというのもおかしな話です。

匿名掲示板の書き込みを鵜呑みにもできませんので、私自身が実際WiMAXに問い合わせみました。

無制限でも使い過ぎると解約される?

お問い合わせ窓口の担当者に確認したところ、容量無制限なので使いすぎて解約を迫ることはない。との回答を得られました。

それとともに、そこまで使われる人はWiMAXではなく固定回線のほうが良いとの返答もいただくことができました。

無制限ではあるものの、そこまで大容量の通信を断続的に行う人は、モバイルよりも固定回線のほうがいいでしょうね。

容量無制限オプション・ギガ放題3日3GB制限とは?

話は前後しますが、WiMAX2+独自のプラン・ギガ放題の説明を簡単にします。

実はWiMAX2+は基本プランだけだと月7GBの制限がかかるただのモバイルWi-Fiになってしまいます。

ギガ放題オプションを契約することで初めて通信量無制限が適応されます。基本料金だけだと7GB超過後は128kbpsに制限されて、格安SIM以下の速度になるのです。

オプション価格が684円かかるため、ギガ放題込月4,380円とモバイルWi-Fiとしては負担が重たくなります。

またギガ放題の3日3GB制限はきっちり適応されることでも有名です。

とは言え制限後も7Mbpsで利用できますから、アプリのDL・動画視聴にこまることはないでしょう。

速度の心配する必要はほとんどないので、あまり身構える必要はありません。

WiMAX2+を最安で使えるおすすめプロバイダ

通信量や速度をほとんど気にせず使うことができるWiMAX2+

便利な半面、料金がライバルと比べて1,000円近く割高なのがネックです。月4,380円という料金は、やはりお財布への負担が大きいものです。

だからこそ割引やキャッシュバックが受けられるプロバイダを選ぶことで、その負担を減らす必要があります。

しっかりとしたプロバイダを選べば、回線卸元のUQWiMAXとかわりなく使えますから、会社えらびは重要だといえます。

しかし安さばかりにとらわれると、選べる端末が限られていたり値引きの条件が厳しかったりしますので、バランス感覚もWiMAX選びの大切なポイントです。

キャッシュバック最安値VS月額料金最安値

WiMAX2+を安く使うためにはキャッシュバックを利用して実質価格を下げるか、はじめから月額料金が安いところと契約するかの2種類があります。

それぞれに長所と短所がありますので、簡単にまとめておきます。

  • キャッシュバックタイプのメリット

キャッシュバックが2万円から3万円以上期待できるため、実質料金最安値でWiMAX2+を利用できます。

  • キャッシュバックのデメリット

手続きが煩雑で、契約時にもらえるメールのアカウントを設定したり、手続きメールが1年後忘れたころにやってくるなど、支払いまでの超えなくてはいけないハードルが高い。 受け取り忘れすれると、割引が何もない高いWiMAX回線になる。

  • 月額料金割引のメリット

初月から割引価格で利用できる。手続き不要なので、パソコンが苦手な人でも大幅な割引が受けられます。

  • 月額料金割引のデメリット

2年間総額で比較するとキャッシュバック付きWiMAXよりちょっとだけ割高。

以上を踏まえてWiMAX2+のおすすめプロバイダを3つ紹介します

WiMAX2+を最安で使えるオススメプロバイダ3選

キャッシュバック最高額のとくとくBB

f:id:mukyoyo_na_k:20160408200333j:plain

とにかく安さ重視ならとくとくBBのWiMAX2+です。キャッシュバック受け取りまでの手続きが煩雑で、支払いまでに1年かかりますが、確実に手続きできる人ならここが一番です。

老舗で安心!BIGLOBEWiMAX2+

f:id:mukyoyo_na_k:20160408200402j:plain

固定回線・WiMAXのサービスを昔から提供している老舗のプロバイダのBIGLOBEは、固定回線のプロバイダを契約している人はキャッシュバックをもらえつつ、月額料金の値引きもあります。

固定回線のプロバイダ利用者限定になりますが、値引き額はとくとくBBに劣らない金額になります。

小細工無しの月額最安値ならBroadWiMAX

f:id:mukyoyo_na_k:20160408200435j:plain

手続き一切無しで月額最安値を初月から受けることのできるBroadWiMAXは、日々忙しくてキャッシュバックの手続きや1年後の受け取りが不安な人向けにオススメのプロバイダです。

私は過去にWiMAXのキャッシュバック受取を忘れかけて、大損しそうになった経験があります。その経験を踏まえて今は確実に割引を受けられるBroadWiMAXを使っています。

最初から月額料金を大幅に割り引いてくれるのにくわえて、引越しや赴任でエリア外に住むことになっても、ご満足保証という乗換サービスがあるのもおすすめの理由です。

この保証は系列モバイルWi-Fi間の違約金を0円にしてくれる無料のオプションサービスで、自己都合でも乗換違約金0円です。万一圏外に引っ越しても無駄なお金をはらずに別のWi-Fiに移動できます。

キャッシュバック系と比べると金額は低いですが、長期間安心して利用できるのもモバイルWi-Fi選びのポイントの一つ。

BroadWiMAXは安心度の高いプロバイダですね。

まとめ

WiMAX2+は速度無制限で使えるWi-Fiではありません。しかし制限後の速度も実用的で、ほとんど我慢が不要となっています。

速度無制限のモバイルWi-Fiは、速度が遅いエリアが狭いなど制約が多いサービスばかりです。一見高額に見えて速度制限があるWiMAX2+のほうが、選び方次第で結果的に快適で安上がりになることが多いのです。

BroadWiMAXは煩雑な手続きなしに、月額料金の大幅割引と乗換0円のサービスのおかげで契約後も安心して利用できるWiMAX2+として、おすすめできるプロバイダですよ。

▼BroadWiMAXのキャンペーンを確認する▼

BroadWiMAX