読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZenFone2のオススメモデルは?容量はどれ?MicroSDスロットも活用しよう

バナー原稿imp

多くの人が発売を心待ちにしていたZenfone2。
それまでSIMフリースマートフォンは一握りの高級機を除き、スペックに割り切りの必要な端末ばかりでした。

人気を博していたZenfone5も画面サイズのわりに解像度が低く、iPhoneの画面に慣れた多くの日本人に受け入れづらい端末でした。

日本人がスマホに求めるスペックは世界最高水準といわれています。そんな厳しい市場の中で、ZenFone2は先代の弱点を改善し、誰が使っても納得できる十分な性能に仕上がりました。ワガママな日本市場のニーズを満たすSIMフリースマートフォンが、ZenFone2なのです。

ZenFone2

国内モデルのラインナップは3モデル

メモリ ストレージ CPUモデル 価格
4GB 64GB Atom Z3580 ¥54,864
4GB 32GB Atom Z3580 ¥49,494
2GB 32GB Atom Z3560(1.8GHz) ¥38,664

いずれも税込みです。

4GBでの全メモリを利用するには、後日提供される64bit OSへのアップデートが必要になります。

ZenFone2の何が優れているのか?

スペック表だけ並べられてもZenfone2のメリットはあまり見えてこないはず。ですので、ここではZenfone2のメリットをピックアップしてみます。

CPUにインテル入ってる

日本で発売されるスマートフォンでは初になるインテルCPU「Atom」を搭載。かなりお金がかかってます。格安スマホで販売されていたミドルエンドたちは1.3Ghzのデュアルコアが多く、重たい処理が必要なゲームやアプリには不向きな端末でした。今までSIMフリースマホを買う人はリッチコンテンツの利用を諦めたり、不便を承知で無理やり使うかのどちらかだったのです。

4GBのメモリのすべてを使うためにもAtomである必要があるので、Zenfone2にとってこのCPUは必要不可欠のパーツと言えます。インテルAtomこそZenfone2をZenfone2たらしめているパーツと言えますね。

メモリ容量

Zenfone2が他のスマホと比べて優れているのは、価格と比較して性能が高いからにつきます。最上級モデルの搭載メモリは4GBです。市場に多く出回っているSIMフリースマホが軒並み1〜2GBのメモリですから、性能差はおよそ2〜4倍。

もちろんメモリが性能の全てではありませんが、机の広さにも例えられるメモリが大きければそれだけ余裕を持ってアプリを起動することができます。こまめなタスクキルやメモリー解放が出来る人たちからは4GBはムダという声も聞きますが、メモリは少しでもあったほうが快適にスマホを使える事実は変わりません。

ですので、買うなら4GBモデルがオススメ。安いと入っても数万円もするスマホです。予算が許す限り高性能なものを選ぶのがスマホ選びの鉄則です。

高解像度

大画面は賛否両論ありますが、高解像度に関しては多くのユーザーがどのサイズの画面でも望むポイントです。

どんなにデザインやマテリアルが良くても、画面の解像度が悪い見難い液晶だとしたらどうでしょうか?スマホやタブレットの顔でもある液晶が低スペックなら誰しもががっかりします。初代iPadminiの解像度が悪く、実際多くのユーザーが高解像度版であるRetinaモデルを待望しました。

今までのSIMフリースマホは、価格と解像度のトレードオフの性能でした。メモリーや記憶容量はタスク開放アプリやSDカードで解決できるのですが、画面の解像度はどうにもなりません。今までSIMフリースマホはとにかく画面解像度に関して我慢を強いられていましたが、フルHDで4万円台のZenfone2の登場でSIMフリースマホの勢力図が書き換わるのは間違いないでしょうね。

5〜8万円出さないと得られなかった高画質画面が、4万円台で手に入るのですから大きなインパクトだと言えます。

その他

サイズが大きいのですが、ラウンドした背面と背面のセンサーでアンロックも可能です。片手で利用できるように配慮されたモードも搭載しています。

しかし、Zenfone2はグローバルモデルという性格上、日本のスマホに当たり前のように搭載されている防水、お財布機能などは搭載されていません。どんな良い製品にも幾つかデメリットはありますので、きちんと理解した上で購入したいですね。

どのモデルを選べばいいの?

f:id:mukyoyo_na_k:20150421212940j:plain

使い道や用途がはっきりと定まっていない人は、

メモリ4GBストレージ64GB」のモデルを選択してください。

外部メモリとか一切買う必要はありません。これ1台でほとんどのことをこなすことができます。

例外として、映像や音楽を常に持ち歩いて出先で利用したい人なら、大容量SDカードを買うことを前提に

メモリ4GBストレージ32GB」モデルを選択してもいいかもしれません。

最高モデルとの差額分5,000円でメモリーカードを購入します。
マイクロSDカードはAmazonなら64GBモデルが5,000円以内ですね。PCとのデータのやり取りも簡単なのでオススメです。大容量のマイクロSDカードを1枚持っておけば、今後端末を買い替えてもデータの移動やバックアップも楽になりますしね。

さすがに4万円〜5万円台はちょっと…

いくら性能的が優れていると入っても、4万円以上のお金を払うのに躊躇するかもしれません。メモリは多いことに越したことはありませんが、一般的な利用範囲ならオーバースペックなのも事実。

4万円以上の予算が許されないとしたら、メモリ2GBモデルを検討してみたらいかがでしょうか。価格も4万円以内でありながら、フルハイビジョン液晶を搭載したスマホとして飛び抜けて格安といえます。ZenFone2のグレードでは一番下ですが、画面の解像度やカメラ性能、片手持ちに配慮したユーザビリティに変わりはありません。

SDカードストロットがあるので記憶容量に不安なら、microSDカードでサポートすることもできます。

格安SIMと一緒に買うなら「楽天モバイル」

バナー原稿imp

もし、格安SIMも一緒に検討中なら、 楽天モバイルのキャンペーンを利用してお得にZenFone2を購入しましょう!

現在楽天モバイルではZenFone2の全モデルに、楽天ポイントバックキャンペーンを開催しています。

一番人気のZenFone2 4GB/32GB・64GBモデルで2,000ポイント。
安さが際立つ2GBモデルは1,000ポイント。

楽天ポイントのメリットは、楽天市場での買い物から、edyに交換してコンビニの支払いにも当てられる幅広い使い道。1ポイントも無駄にならない使い勝手のいいポイントがバックされるのは楽天モバイルだけですね。

他にも楽天モバイルのキャンペーンが同時開催されています。
併用も可能なので、契約する時にはぜひ活用してください。

楽天モバイルは格安SIMですから当然、基本料金もお得なプランばかりです。

f:id:mukyoyo_na_k:20150625110107j:plain

ZenFone2のハイスペックな性能を発揮するために、契約プランは3.1GBプラン以上を選ぶことをオススメします。一番安いベーシックプランは、回線速度が200kbpsとガラケーよりです。ネットは家のWifi、出先ではLINEやメールしか使わない人向けですね。



▼公式ページはこちらから▼
楽天モバイル



格安SIMあるし本体だけでいい

本体だけ欲しいひとは、迷わずAmazonですね。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone2 ( SIMフリー / Android5.0 / 5.5型ワイド / デュアルmicroSIM / LTE ) (レッド, 4GB/32GB) ZE551ML-RD32S4
【国内正規品】ASUSTek ZenFone2 ( SIMフリー / Android5.0 / 5.5型ワイド / デュアルmicroSIM / LTE ) (レッド, 4GB/32GB) ZE551ML-RD32S4

4GBメモリー32GBストレージを買うなら一緒にマイクロSDカードも購入しておくと、いろいろと捗りますよ。せっかくのスロットを使わないなんてもったいないです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS64GUSDU1E (FFP)
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS64GUSDU1E (FFP)