在籍確認なしで借りられる消費者金融系カードローンはあるの?

在籍確認なしで審査ができるカードローンを探していますね。

出費がかさむ時期や急な出費でお金が必要になった時に役立つカードローンですが、在籍確認によって申し込みしたことが勤務先の同僚や上司などに知られるのは出来れば避けたいものです。

結論から言うと、残念ながら消費者金融でも銀行でもカードローンの審査時には在籍確認なしになることはありません。

しかし、なかには職場へ電話をかける以外の方法で在籍確認をしてくれる場合もあるので、職場への電話を回避したいならそういったカードローン会社を選ぶと良いですよ。

もし電話でしか在籍確認できない場合でもカードローンの審査だと分からないように電話をしてくれるので、同僚や上司にお金に困っていることを知られることはないので安心してください。

在籍確認なしの消費者金融系カードローンはある?

前述したように在籍確認なしでお金を借りることができる消費者金融系カードローンはありません。

これは銀行系カードローンでも同じです。

もし在籍確認なしを謳っている消費者金融があったらそれは闇金の可能性が高いので気を付けてください。

闇金とは国や都道府県に貸金業の登録をしていない業者、また貸金業としての登録はしているもの出資法に違反する高い金利を設定している業者を指します。

闇金ではブラックリスト対象者や多重債務者でもお金を借りられるのですが、高額な利息で返済が進まないという悪循環に陥る可能性が高いのです。

また返済が遅れると、しつこく電話をしてきたり、自宅や勤務先まで直接取り立てに来たりすることもあり、自分自身だけでなく周囲にまで迷惑がかかることになるでしょう。

近年では見た目は普通のサラリーマン風で親切な対応をしてくれるのに、違法な金利を請求されるソフト闇金も増えてきているので注意してください。

いくら在籍確認なしになるからと言って闇金やソフト闇金でお金を借りるのは絶対にやめましょう。

カードローン審査で在籍確認は必須

消費者金融系カードローンでも銀行系カードローンでも在籍確認は必須ですが、一体何の目的で行っているのか疑問に感じることもあるでしょう。

在籍確認をする目的は、架空の勤務先ではないか、申し込み者が本当に勤務しているかなど、申告した勤務実態の内容に偽りがなく返済能力があるかを判断するためです。

消費者金融も銀行も在籍確認することで返済能力があるかを判断でき、貸し倒れのリスクを回避できるというわけですね。

なかには在籍確認を代行するサービスをしている会社もありますが、こういったアリバイ会社を利用しても審査時にばれれば審査に通過しませんし、仮に審査に通ったとしても後からばれると強制解約となり借入金の一括返済をしなければなりません。

詐欺罪や文書偽造罪で訴えられる可能性もあるので絶対に嘘の申告はしないようにしてください。

電話での在籍確認をなしにできる消費者金融はある

在籍確認なしで審査をしてもらうことはできませんが、在籍確認を電話ではなく違う方法で行ってくれる消費者金融はあります。

電話以外で在籍確認をする場合は勤務先や勤務していることが分かる書類を提出する必要がありますが、勤務先に電話をされないだけで気が楽ですね。

提出する書類は消費者金融業者により異なりますが、以下のものが挙げられます。

  • 健康保険証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

健康保険証は社会保険証や組合保険証に限り、国民健康保険証(国保)では在籍証明になりませんので注意してください。

また、給与明細書は直近1~2ヶ月のものを提出することになるので、捨てたり無くしたりせずにきちんと保管しておきましょう。

電話の在籍確認がなしになるのはこんな場合

在籍確認は原則電話で行っている消費者金融でも、電話での在籍確認を免除してもらえたり代替書類の提出で確認してもらえたりする場合があります。

借り入れ希望額が少ない

借り入れ希望額が少なければ電話の在籍確認なしになる可能性があります。

なぜなら借り入れ希望額が少ないほど返済がスムーズに進むと考えられ、貸し倒れのリスクが少ないからです。

数万円程の借り入れなら在籍確認の電話を免除してもらえることもあるので消費者金融の審査担当者に相談してみると良いですよ。

年収が多い・他社からの借り入れがない

借り入れ希望額に対して年収が多い場合は在籍確認を免除してもらえることがあります。

収入が多いほど返済能力が高いとみなされるからです。

さらに他社からの借り入れがないと審査担当者からの印象も良く、審査に通りやすくなります。

もし過去に他社カードローンを利用していてすでに完済しているならば、解約手続きをしておきましょう。

他社カードローンを完済していても解約をしていなければいつでも借り入れができる状態なので、新たなカードローンを契約する際に審査に通らなかったり、融資可能額が少なくなったりする可能性があります。

完済すれば契約自体も終わると勘違いしてしまうかもしれませんが、解約したい旨を申し出なければ契約は継続されるので気を付けましょう。

電話で在籍確認ができない理由がある

会社側の都合で電話での在籍確認が難しいならその旨を審査担当者へ相談してください。

たとえば、個人情報保護のため従業員を名指しした電話は取り次がない、働いているかどうかも答えないという会社もあるでしょう。

在籍確認の電話で申込者がその会社で働いていることが確認できないと審査落ちしてしまう可能性があるので、必ず審査前に電話での在籍確認はできないと消費者金融側に伝えておきましょう。

在籍確認の電話についてよくある疑問や不安

在籍確認の電話についてよくある疑問や不安をいくつかピックアップしたので参考にしてください。

在籍確認の電話はいつかかってくる?

在籍確認の電話がかかってくるタイミングはいつなのか気になりますね。

結論から言うと在籍確認は審査の最終段階で行われます。

カードローン審査の流れは、仮審査で本人確認や信用情報機関への照会、返済能力や信用性があるかを判断し、本審査で必要書類の確認後に在籍確認を行うのが一般的です。

審査にかかる時間は各社様々ですが、消費者金融系カードローンなら審査可能な時間に申し込みすれば最短30分~1時間で審査結果が判明します。

そのため在籍確認の電話があるのは早ければ申し込みから20分~30分後と考えておきましょう。

なお、在籍確認をこの時間帯にして欲しいという希望は基本的に受け付けてもらえません。

消費者金融でお金を借りることが職場にばれてしまう?

在籍確認の電話を避けたい理由で圧倒的に多いのが、職場の同僚や上司などに消費者金融でお金を借りようとしていることを知られたくないからでしょう。

しかし在籍確認の電話によって消費者金融に申し込みしたと分かることはありません。

なぜなら在籍確認の際に消費者金融の審査担当者は個人名しか名乗らないからです。

消費者金融業者の会社名を言われなければ、カードローンの申し込みをしたとばれることはないですよね。

もし用件を聞かれても審査担当者はうまくごまかしてくれてカードローンの在籍確認だと疑われることはないので安心してください。

個人名でかかってくる電話が珍しい会社であとから何の電話だったか聞かれたら、新たにクレジットカードを申し込んだのでその在籍確認だと言えば納得してもらえます。

また、銀行系カードローンだと銀行名を名乗ることがあるので、新たに口座開設をして書類に不備があった、投資信託の勧誘だったと言えば問題ありません。

申し込み者が休みの日や離席中だとどうなる?

申し込み者が休みの日や、営業の外回りなどで離席している場合でも在籍確認は可能です。

在籍確認は本人が電話に出なくても、申告した会社で今現在働いていることが分かれば良いのです。

そのため、「〇〇は本日お休みを頂いています」「〇〇はただいま離席しています」という返答でも在籍していることが確認できるので、それで在籍確認は終了となります。

カードローンの審査日が会社の休日だと在籍確認なしになる?

在籍確認を行う日が会社の休日でも在籍確認なしになることはまずありません。

会社の翌営業日に在籍確認ができるまで審査が保留となる場合がほとんどです。

どうしても急ぎでお金を借りたいなら、審査担当者へ相談すれば代替書類の提出や在籍確認を後日にすることを前提として少額の融資なら対応してもらえることがあります。

ただし申し込み者の年収や他社借り入れ状況などによっては断られる可能性もあるので注意しましょう。

専業主婦だと配偶者の勤務先に電話をする?

専業主婦も申し込みできるカードローンだと在籍確認ができないので、配偶者の勤務先に電話があるのか心配になりますよね。

専業主婦がカードローンを申し込みする際は配偶者の年収や勤続年数などは申告する必要がありますが、配偶者の勤務先に在籍確認の電話をすることはないので安心してください。

また、配偶者に同意を求める連絡をすることもありません。

専業主婦でもご主人に秘密でカードローンを利用することができるというわけです。

ただし申し込み者本人への確認電話はかかってきますので、家族に内緒で申し込みした場合は自宅ではなく携帯電話にかけてもらうようにしておきましょう。

専業主婦は銀行系カードローンしか申し込みできない

専業主婦でも配偶者に知られることなくカードローンを利用することができますが、実は専業主婦は消費者金融では申し込みができません。

なぜなら消費者金融系カードローンの申し込み条件には本人に収入があることと記載されているからです。

これは貸金業法で定められた総量規制という法律によって、貸金業者で借りられる金額は年収の3分の1までと決まっていることが関係しています。

つまり専業主婦の年収は0円なので、貸金業者で借り入れられる金額も0円だというわけです。

ごく一部の消費者金融では配偶者貸付制度を利用することで専業主婦でも配偶者の年収の3分の1まで借りることができますが、この場合は配偶者の同意が必要ですし大手消費者金融で配偶者貸付制度を利用できる会社はありません。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので収入がない専業主婦にも配偶者の同意なしで貸し付けを行っています。

銀行なら消費者金融より金利が低いうえに安心感もありますね。

そのため専業主婦がカードローンを利用するなら銀行系カードローン一択となるわけです。

派遣社員は派遣会社と派遣先どちらに電話をする?

派遣で働いている場合、派遣会社と派遣先どちらに在籍確認があるのか気になるでしょう。

長期間同じ派遣先で勤務するのであれば派遣先に在籍確認をしてもらうと良いでしょうが、短期間で派遣先が変わるのであれば派遣会社に電話してもらいましょう。

ただし派遣会社だと登録している派遣社員全員の名前を把握していなかったり、派遣社員の情報を外部に漏らさないと決められていたりすることもあるので、あらかじめ派遣会社に自分あての電話があるので対応してもらいたいと伝えておくと安心ですよ。

自営業者や個人事業主でも在籍確認はある?

会社勤めではなく自営業や個人事業主は在籍確認なしになるのではと考える場合もあるでしょう。

しかし自営業者や個人事業主でも在籍確認の電話はかかってきます。

たとえば自宅で仕事をしているなら自宅の固定電話、自宅ではなく店舗があるなら店舗の電話に在籍確認の電話をします。

もし固定電話がないなら携帯電話でも在籍確認が可能かを事前に問い合わせておきましょう。

在籍確認の電話なしで即日融資可能な消費者金融系カードローン

在籍確認の電話で職場に消費者金融へ申し込みしたことがばれる心配はありませんが、電話なしにできるならその方が気は楽ですよね。

実は電話での在籍確認なしを希望している場合におすすめできる消費者金融系カードローンはSMBCモビットだけとなります。

SMBCモビット

SMBCモビットはWeb完結で申し込みすれば電話による在籍確認なしで審査をしてもらえます。

また、申し込み者本人への審査結果連絡もメールで行ってくれたり、契約書類の郵送もされなかったり、ローンカードの発行もされないので、家族にも知られることなくお金を借りることができるのが魅力です。

最短30分で審査結果が分かり、即日融資を受けることもできるので急ぎの場合にも安心です。

ただしSMBCモビットのWeb完結申込を利用するには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに申し込み者名義の口座がある
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っていること

この条件に該当しないならSMBCモビットでWeb完結を利用することはできませんので、カード申込をしてください。

カード申込でも審査担当者へ相談すれば在籍確認の電話を書類提出で免除してもらえる可能性はありますよ。

申し込み条件 ・満年齢20歳以上69歳以下
・安定した定期収入がある
借り入れ可能額 1万円~800万円
年利 3.0%~18.0%
必要書類 ・本人確認書類
・必要に応じて収入証明書
資金使途 自由
担保・保証人 不要

在籍確認の電話を回避できる可能性がある消費者金融系カードローン

審査前に担当者へ相談すれば在籍確認の電話を省略してもらえる可能性がある消費者金融を2社紹介します。

アコム

アコムは申し込み者の事情で電話での在籍確認が難しい場合は、審査の前に相談しておけば代替書類の提出で対応してもらえます。

もし書類での在籍確認が認められず電話での確認になるケースでも、在籍確認の電話をかけてもらう審査担当者を女性にして欲しいなどの要望は聞いてもらえる可能性はあります。

アコムは最短30分で審査が終わり即日融資可能だったり、30日間金利0円サービスを実施していたりするのも魅力です。

ただし金利0円サービスはアコムを初めて利用する場合で返済期日を35日ごとにすることが条件となるので気を付けましょう。

申し込み条件 ・満年齢20歳以上69歳以下
・安定した収入がある
借り入れ可能額 1万円~800万円
年利 3.0%~18.0%
必要書類 ・本人確認書類
・借り入れ希望額が50万円を超える、もしくはアコムでの借り入れ希望額と他社借り入れとの合計が100万円以上の場合は収入証明書
資金使途 自由
担保・保証人 不要

アイフル

アイフルもアコムと同様に電話での在籍確認が難しい場合は代替書類の提出で対応してもらえることがあります。

またアイフルの契約が初めての場合かつ無担保キャッシングローンを利用するなら30日間利息0円になりますよ。

さらに最短30分で審査完了し即日融資にも対応しています。

アイフルのWeb完結で申し込めば郵送物も一切届くことがないので家族に知られる心配もありません。

スマホアプリを利用すればカードがなくてもセブン銀行ATMにて24時間365日取引可能な点も便利です。

申し込み条件 ・満年齢20歳以上69歳以下
・定期的な収入があり返済能力を有すること
借り入れ可能額 1万円~800万円
年利 3.0%~18.0%
必要書類 ・本人確認書類
・借り入れ希望額が50万円を超える、もしくはアイフルでの借り入れ希望額と他社借り入れとの合計が100万円以上の場合は収入証明書
資金使途 自由
担保・保証人 不要

急ぎでないなら在籍確認なしの銀行系カードローンも検討する価値あり

銀行系カードローンでも在籍確認なしで利用できるものがあります。

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンよりも金利が低く、総量規制の対象外となります。

ただし、消費者金融のように即日融資は対応していないので急ぎの場合にはおすすめできません。

また、口座を持っていることが条件となる場合も多いのがネックとなります。

それでも急ぎの融資を必要としておらず、無駄な金利を少しでも抑えたいなら銀行系カードローンを検討するのも良いですよ。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは原則在籍確認なしで審査可能です。

セブン銀行の口座を持っていなければなりませんが、全国のセブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスで24時間365日手数料無料にて取引可能なメリットがあります。

専業主婦でも申し込み可能で、セブン銀行のキャッシュカードで取引ができるのも魅力です。

また、申し込みから契約までWebで完結するのも嬉しいです。

セブン銀行カードローンの審査結果は銀行系カードローンでは比較的早く、申し込み後2~3営業日でメールにて届きます。

ただし、セブン銀行の口座を持っていないと口座開設に1~2週間程度かかりキャッシュカードが届いてからしか借り入れできないので注意しましょう。

申し込み条件 ・セブン銀行の口座を持っていること
・満年齢20歳以上70歳未満
・アコムの保証を受けられること
借り入れ可能額 1円~50万円
年利 15.0%
必要書類 本人確認書類
資金使途 自由(事業性資金には利用不可)
担保・保証人 不要

三菱UFJ銀行マイカードプラス

三菱UFJ銀行マイカードプラスは三菱UFJ銀行の口座を持っていることが条件で、キャッシュカードでの取引が可能です。

三菱UFJ銀行にはバンクイックとマイカードプラスというカードローンがあり、バンクイックは在籍確認が必須ですがマイカードプラスは在籍確認なしになるケースが多いです。

バンクイックより借り入れ可能額は少ないですが、借り過ぎる心配がない点や公共料金やクレジットカード等の引き落としで口座の残高が不足している場合に不足額を自動で融資してくれる自動融資機能がある点は魅力ですよ。

ただしマイカードプラスの審査結果が分かるまでに約2週間かかり、審査結果は郵送にて届くことを把握しておきましょう。

申し込み条件 三菱UFJ銀行の口座を持っていること
・満年齢20歳以上65歳以下
・申し込み者本人に安定かつ継続した収入があること
・三菱UFJ銀行で他のカードローン(バンクイック、即日型カードローンを除く)を利用していないこと
・アコムの保証を受けられること
借り入れ可能額 1円~30万円
年利 14.6%
必要書類 本人確認書類
資金使途 自由(事業性資金には利用不可)
担保・保証人 不要

まとめ

消費者金融系カードローンでは在籍確認が必須となりますが、在籍確認を電話以外の方法で行っている場合もあります。

しかし電話以外の方法で在籍確認を行っている消費者金融は少なく、在籍確認の電話なしを公言しているのはSMBCモビットのWeb完結だけとなります。

在籍確認の電話は個人名でかけてくれたり用件を第三者へ伝えてしまったりすることはないので、消費者金融に申し込んだことが職場にばれることはありません。

しかしどうしても勤務先に電話をされたくないならモビットのWeb完結を利用するのがおすすめですよ。

モビットなら最短30分で審査結果が分かり即日融資も可能なので、急ぎでお金が必要な場合もおすすめです。

もし急ぎの融資を必要としていないならば銀行系カードローンを選ぶと金利も低く抑えられるので是非検討してみましょう。

Copyright© mukyoyoどっとこむ , 2019 All Rights Reserved.