お腹脱毛の方法と効果を徹底解説!

お腹のムダ毛をきれいにしたい

普段見せるところではなくても気になってしまうのは体のあちこちに生えているムダ毛です。

ムダ毛を無くすには脱毛をするのが良いのですが、お腹のムダ毛の脱毛にはどのような方法があるのでしょうか。

お腹のムダ毛に悩まれている多くの女性のために、今回はその脱毛方法をはじめ、脱毛に関する注意点、そして数々のサロンやクリニックの料金なども紹介していきます。

お腹の脱毛におすすめの方法

まずは、お腹の脱毛におすすめの方法をいくつか紹介していきます。

サロンやクリニックに通う

お腹のムダ毛は、サロンでの光脱毛やクリニックでの医療レーザーで脱毛するのがおすすめです。

費用はかかりますが最も安全かつ安心な方法で、サロンやクリニックにて施術を重ねていくことで確実な脱毛効果を得ることができます。

プロにやってもらうので、剃刀による肌荒れや処理した後の毛が目立つということも無くなります。

サロンやクリニックへの通う頻度は通常で5~8回程度で全体で1年~2年の施術となっています。

家庭用脱毛器を使用する

さまざまなメーカーから家庭用脱毛器が発売されています。

サロンやクリニックなどに通う時間やお金が無いという人には家庭用脱毛器を購入して使ってみるのもおすすめです。

お腹は肌トラブルそのものが少ない箇所なので十分に脱毛効果は発揮するでしょう。

しかしサロンやクリニックで使用されている脱毛器とは違い、出力は弱めです。

さらに脱毛効果を感じるまでにも時間はかかってしまいます。

電気シェーバーを使用する

電気シェーバーでもお腹のムダ毛を脱毛することは可能です。

お腹全体にしっかりめのムダ毛が生えているという場合は肌に優しい電気シェーバーでの処理がおすすめです。

肌に直接刃が当たらないように設計されているので肌が弱い人でも安心して使えます。

電気シェーバーを使うメリットは、購入すればその後の費用がかからないということ。

家庭用脱毛器と同じく、サロンやクリニックに通う時間が無い人にもおすすめです。

しかし、電気シェーバーによる脱毛処理は刃が直接当たらないために剃刀よりも剃りは浅めです。

つまり、剃り跡が目立ちやすくなってしまうのでこまめに処理をする必要があります。

抑毛ローションを使用する

抑毛ローションとは、肌に塗ることでムダ毛の成長を抑えるものです。

継続して塗っていくことでムダ毛が薄くなっていくと思う人も多いようですが、実際はムダ毛を除毛できるものではありません。

家庭用脱毛器や電気シェーバーなどの道具を用いてムダ毛処理した後に使用するものです。

毛が元々薄めで全体的に気になっているという場合におすすめです。

肌に塗るだけなので痛みはありません。

脱毛効果が得られるのは使用し始めて2か月~3か月頃。

成長具合を抑制するだけなので永久的なものではありません。

続けていくならそれなりにコストがかかることも覚えておいてください。

お腹の脱毛のセルフ処理でしてはいけないこと

サロンやクリニックに通う時間などがないという理由で、お腹のムダ毛の処理をセルフで行っているという女性は多いはずです。

セルフケアの注意点をお伝えします。

毛抜きでの処理

お腹に生えている産毛などのムダ毛は、薄くて広い範囲に生えています。

毛抜きで毛を抜けば毛の根本から抜けることもあるので肌の表面は綺麗に見えることもあります。

しかし、そのような薄くて広範囲な毛を毛抜きで処理をするのは大変な上に、全ての毛を綺麗に処理するのは難しいでしょう。

さらに毛抜きによる処理は抜くときに皮膚を引っ張ってしまうので肌に傷がついてしまい、出血などのトラブルを引き起こす原因にもなります。

除毛タオルでの処理

除毛タオルというのを用いる方法があります。

主に背中など、手が届きにくい場所に使われます。

除毛タオルは産毛のみならず、古い角質も除去できるので肌がツルツルになると言われています。

脱毛は毛の根本から抜くことで毛を減らしますが、除毛は肌の表面から出ている毛だけを取り除くことということです。

そのため除毛タオルには脱毛効果はなく、除毛では表面以下に残った毛が青っぽくなってしまうことがあります。

くすんだ色が脱毛に変えるだけでワントーン明るくなります。

そして除毛タオルに使われている素材は化学繊維です。

化学繊維でごしごしと肌を擦れば、肌へのダメージは大きく、さらにはその刺激から色素沈着を起こしてしまうこともあります。

除毛タオルを使用するときは力加減などにも注意が必要です。

サロンやクリニックのお腹脱毛の範囲

続いては、サロンやクリニックでお腹のムダ毛の脱毛範囲について解説していきます。

アンダーバストから下着の上のライン辺りまで

大体どこのサロンやクリニックでのお腹の脱毛範囲は同じだと思われますが、脱毛サロンの銀座カラーでは、アンダーバストから下着の上のライン辺りまでが範囲とされています。

但し範囲が広いので一度にすべてできるわけではありません。

2分割されて施術されるところもあるので各脱毛サロンやクリニックにて確認をしましょう。

おへそ周りのみ

おへそ周りのみをお腹の脱毛範囲としているところもあります。

おへそ周りというのはSパーツを呼ばれ、おへそを中心として半径5cm程度となっています。

ちなみにお腹全体の範囲はLパーツと呼ばれています。

そしておへそ周りのみの脱毛の場合の料金相場は、下記の通りです。

脱毛サロンの相場 6,000円~20,000円程度
クリニックの相場 30,000円~40,000円程度

脱毛サロンの方が安くてコストの面でおすすめできますが、クリニックはレーザーを使用しますので、光脱毛と比べるとより高い効果を発揮します。

どちらを選ぶかはよく判断してから決めましょう。

お腹脱毛の料金と回数

続いては、お腹脱毛の料金と回数についてです。各サロンやクリニックの大体の相場を解説していきます。

サロンの場合

サロンの相場は大体30,000円~40,000円程度となります。人気の脱毛サロン3つを比較してみましょう。

サロン名 回数 料金
ミュゼ 6回 27,000円
TBC 6回 26,400円
銀座カラー 8回 42,000円

比較してみるとTBCやミュゼが相場よりもリーズナブルな設定となっています。2つとも人気のある脱毛サロンですし、お腹の脱毛に検討してみてはいかがでしょうか。

医療クリニックの場合

医療クリニックの相場は大体50,000円~80,000円となっています。CMでもおなじみで人気のある医療クリニック2つで比較していきます。

クリニック名 回数 料金
リゼクリニック 5回 59,800円
湘南美容外科 5回 81,000円

2つとも同じ回数ですが料金は全然異なります。また、あくまで2つの比較を紹介しましたが、このようにさまざまな医療クリニックで料金に差がありますので他のところも比較してみても良いでしょう。

医療クリニックの方が効果が出やすい

医療クリニックでは医療行為をすることが認められているため、医療レーザー脱毛を使用します。

一方の脱毛サロンは医療行為を認められていないので光脱毛を行うことになります。

レーザー脱毛は光脱毛と比べると出力が大きくて効果も割と早めに発揮します。

効果が高い分、料金も高いですが、回数は脱毛サロンと比べると違いがあります。

どちらを選ぶかは、料金体制や回数などのことをよく考えて決断しましょう。

お腹の脱毛の注意点

続いては、お腹の脱毛の注意点です。脱毛するにあたって気を付けておくべきことがあるのでそのことを踏まえて脱毛するかよく考えて決めましょう。

それでは注意点について解説していきます。

硬毛化・増毛化が起こりやすい部位でもある

脱毛は毛を抜くことですが、逆に増毛したり硬毛になってしまうこともあります。

レーザー脱毛により本当なら脱毛効果を得られるはずが、毛の本数は少なくなるけど脱毛できなかった残った毛が太くなったり長くなったりしてしまうことを硬毛化、毛の本数が増えてしまうことを増毛化と言います。

レーザー脱毛ではこれらのリスクがあります。

しかし、もしそうなったとしてもアフターフォローをしてくれるサロンやクリニックがありますので、万一のことを考えてアフターフォローがあるかどうかの確認はしておきましょう。

妊娠中の施術は禁止されている

妊娠中はサロンでもクリニックでも脱毛行為は禁止されています。

光やレーザーによって胎児への影響が出るというデータはありませんが、妊娠中はホルモンバランスが崩れがちなのでそれによって脱毛効果を得られなかったり、痛みが感じやすくなってしまうことが理由です。

さらに万一肌トラブルを引き起こしたとき、薬品も妊娠中を考慮したものしか使えないので満足した脱毛行為が行えない可能性が高いです。

妊娠中に気になるムダ毛は、電気シェーバーなどを使ってセルフ脱毛を行いましょう。

授乳中の施術も避けるようにする

妊娠中のみならず、授乳中も脱毛行為は避けた方が良いとされています。

妊娠中と同じくホルモンバランスが乱れがちな時期で肌トラブルも引き起こしやすいことが理由です。

万が一を考慮して、サロンやクリニックでは授乳中の人の施術を断っているところが多く、仮に脱毛しても毛が濃くなってしまう可能性があります。

脱毛をするなら、授乳時期が終了して生理が2回~3回終わってからの施術をおすすめします。

お腹の脱毛はベストなタイミングや方法を見つけよう

水着の季節や薄着になる季節だけではなく、旅行で温泉や誰かにお腹を見せるようなことがあると気になってしまうのはお腹のムダ毛です。

誰も見ていないと思っていても、案外人に見られてしまっていることはあります。

自分で処理することも良いですが、自己処理も毎回は大変という方は脱毛サロンや医療クリニックを検討してみてはいかがでしょうか。

通う時間やお金もかかってしまいますが、プロにやってもらうことで安全で高い効果を得ることができます。

また、妊娠中や授乳中は避けるなど、注意点をしっかり守って処理をしましょう。

更新日:

Copyright© 脱毛ジャーナル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.