サロンやクリニック別全身脱毛で効果実感、脱毛が完了する回数を紹介

全身脱毛の回数と効果

全身脱毛は1回だけの施術では完了しません。

長期間にわたって何回も通うのは大変ですが、それは毛の生え変わるサイクルをふまえて脱毛を行う必要があるからです。

まずは、脱毛の仕組みと効果が現れる回数について解説します。

なぜ全身脱毛は一度では効果が出ないのか

全身脱毛は一度では終わらないため繰り替えし施術に通わなければなりません。

それは毛を作るための栄養を取り込む「毛乳頭」の成長を、複数回にわたって止める必要があるからです。

毛乳頭が毛細血管から取り込んだ栄養を毛根の根元の部分にある毛母細胞に送ることで、毛母細胞が細胞分裂して毛が生えてきます。

今主流のレーザー脱毛やエステの光脱毛のほとんどは、この毛乳頭に熱ダメージを与えてタンパク質を熱凝固させ、毛の成長を止めることで施術から10日~2週間ほどで毛が抜け落ちます。

そして、また次の毛が生えてくるのですが、毛の生え代わりには「退行期」や「休止期」といった毛周期があり、この期間は毛が毛乳頭から離れた状態になるため、光を当てても毛乳頭にダメージを与えられず効果がないです。

また、毛は脱毛の光を当てても、そのときにしっかりと生えている毛にしか効果がありません。

さらには、部位によって毛周期が違うため、全身を脱毛するには2~3か月ほどの期間を空けて繰り返し照射する必要があります

効果があらわれるといわれる回数

脱毛の効果が実感できる人が多いのは、光脱毛の場合、3回目くらいからです。

しかし、部位によって毛質や毛量、密度が違うため、それぞれ効果が感じられる期間には差があります。

また、元のムダ毛の量や体質によっても異なるため、自己処理の回数が少なくなるのは5回目以降くらいと考えておくと良いでしょう。

脱毛が完全に終わると言える回数

脱毛の契約をするときには、お手入れの回数を決める必要がありますが、これで良いと思える毛の状態は人によって違うため、完全に全身脱毛が終わるタイミングは人それぞれ違います。

ただ、脱毛サロンに通う場合、ほとんどのムダ毛を処理出来てツルツルな肌になったと感じられるのは15回ほどなので、さらに回数を重ねることでツルツルの状態をキープすることができるでしょう。

サロンごとの全身脱毛の回数紹介

脱毛サロンやクリニックによって脱毛コースは様々で、全身脱毛が完了する目安となる回数も異なります。

ここからは、脱毛サロンごとに全身脱毛の回数を紹介していきます。

キレイモの効果的な回数

濃い毛が密集している部位もしっかりと脱毛したいという人はお手入れ回数を多く必要とするため、VIOやワキなどもしっかりと脱毛したい場合、キレイモでは15回以上がおすすめです。

施術のペースは2か月に1回ほどですのでトータルの期間は2年半ほどです。

また、毛が薄い人や数回脱毛できれば良い人は、回数パックプランではなく自分の好きな回数分の脱毛ができる月額制プランが良いでしょう。

キレイモでは6回プランもありますが、月額制プランであれば1回の支払いが6回プランより安くお得です。

銀座カラーの回数

銀座カラーでは新しい機械を使った全身脱毛プランだと、1年間で8回の施術ができます。

毛が薄くなってきたり、脱毛の効果を実感できるようになるのは、だいたい9か月~1年間が経過しているころ。

回数では6回目から8回目ぐらいでしょう。

平均的な毛の濃さ、毛量の人は、9~12回ほど通えば自己処理が不要と感じてくるはずです。

2年目は4回の施術となるため9~12回通うには2年間かかりますが、1年目にしっかりと8回脱毛ができれば2年目は自己処理も少なくて済みます。

シースリーの回数

シースリーでは、3回ほど脱毛すると自己処理のペースは週に1回くらいで良いと感じる人も出てくるようです。

比較的早く効果が感じられるのが特徴です。

脱毛は太く濃い毛に反応しやすいため、4回目が終わるころには太い毛が生えにくくなり、目に見えて効果を感じることができます。

自己処理が月に2~3回くらいのペースになってくるのが、5回目が終わるあたりで、ちょうど1年が経過するころです。

ムダ毛が少ない肌を手に入れるには10回くらいが目安です。

しかしシースリーの全身脱毛は通い放題なので、よりツルツルな肌を手に入れたい場合はさらに回数を重ねることも可能です。

ミュゼの回数

主要エリアを中心に、全国各地にサロンを展開している知名度も高いミュゼ。

だいたい5~6回ほど通ったころ効果を感じ始める人が多いです。

個人差はあるものの12~18回ほど施術を受ければ、脱毛が完了します。

また、高速機の導入後は前回の施術から最低1か月空いていればお手入れが出来るようになりました。

ただし、契約コースによって施術ペースが異なる場合もあります。

肌の状態や毛量を見た上でスタッフから提案してくれる施術の間隔を参考にしながら通うと良いでしょう。

脱毛ラボの効果的な回数

脱毛ラボでは1年間でお手入れできる6回の施術を受けると、毛が少し細くなり毛量の減りを感じられるようになります。

効果の高い脱毛機にプラスし抑毛成分が入ったジェルを使用することで、キレイな状態の肌が長く続きます。

生えてくる毛が産毛くらいになるのは18回ほど。

トータル3年ほどかかりますが、毛穴も小さくなってくるため肌がきれいに見えるようになるのがポイントです。

クリニックごとの全身脱毛の回数紹介

脱毛サロンの光脱毛では、細い産毛などの色素の薄い毛まで完全になくすことは難しいですが、クリニックでの医療脱毛であればレーザーの威力が高く産毛などにも効果があります。

そのため、全身脱毛にかかる回数は脱毛サロンとは異なりますので、ここから紹介するクリニックの脱毛回数を参考にしてみてください。

アリシアクリニックの全身脱毛完了回数

アリシアクリニックでは「3回・5回・8回・脱毛し放題」の中から回数を選ぶことができます。

その中から、7割以上の人が「8回」か「脱毛し放題」を選んでいて、「8回」が脱毛完了の目安です。

別のサロンなどでの脱毛経験があり毛が薄くなってきている人は、「3回・5回」でも満足のいく効果が得られますが、毛の濃さが気になる人や産毛まで完全に綺麗にしたいという人は「脱毛し放題」のプランが安心ですね。

リゼクリニックの全身脱毛完了回数

テレビCMなどでもおなじみのリゼクリニック。

全身脱毛は5回のプランのみで、24か月かけて施術を行います。

1回1回の施術の間がかなり空いているのが特徴ですが、その限られた回数で最大限の脱毛効果が得られるように考えられています。

また、ベーシックな全身脱毛プランでは、全身とはいえVIOラインが含まれていません。

しかし、「全身+VIO」や「全身+顔」など優先したい部位に合わせてコースを選ぶことができる上、気になる部位を5つ選択して脱毛できるプランもあります。

レジーナクリニックの全身脱毛完了回数

全国に拡大中のレジーナクリニックでは、5回の施術が全身脱毛完了の目安です。

だいたい1か月半~2か月間隔で施術を行うため約8か月~1年ほどで完了しますが、どうしても足りないと感じる部位がある場合は、パーツ脱毛を1回ずつ追加することができます。

また、施術の痛みを軽減させる麻酔クリームを無料で提供しているので、痛みに弱い人でも安心して通えるます。

さらに、毛の状態に合わせて二つの脱毛機を使い分けるので効果も抜群。目、のど、粘膜以外はすべて脱毛できます。

湘南美容クリニックの全身脱毛完了回数

湘南美容クリニックでの全身脱毛のおすすめは6回コースです。

だいたい2か月ほどの間隔を空けて施術を行いますが、毛がしっかりと生えていないところに光を当てても効果がないため、5回目以降は半年以上期間を空けての施術になります。

つまり、5回の施術を終えたころには、ほとんどの人が十分効果を実感できている状態まで毛がなくなります。

医療レーザーは1回目から効果を実感できるため、医療レーザーを体験してみたい人は湘南美容クリニックの1回のみのトライアルを試してみるという方法もあります。

脱毛の効果を上げ回数を減らすコツ

ここまで紹介してきたように、脱毛サロンやクリニックによって違いはあるものの、脱毛完了までには繰り返し施術に通う必要があります。

その1回1回の施術で、より高い脱毛効果を得るためのコツを解説します。

成長サイクルに合わせて脱毛する

一つ目は毛が生え変わる毛周期に合わせて脱毛することです。

肌の表面に見えている毛は全体の30%ほどしかなく、目に見えない肌の下には新たな毛が生えてきています。

脱毛は光やレーザーを毛の根元に当てて毛が生えてくる細胞を破壊していくため、その毛根が一番元気な成長期にお手入れをするのが効果が高いです。

また、施術をしたときに肌の下に生えてきている毛には効果が薄いため、毛根が元気な状態になるまで2か月ほどの期間を開け、毛の成長サイクルに合わせて効率的にお手入れをすることが大切です。

日焼けはしない

二つ目は日焼けをしないことです。

日焼けをしていたら、サロンへ行っても施術を断られることがあります。光脱毛と医療脱毛、どちらもムダ毛に含まれる黒い色素であるメラニンに反応して熱を発生させ、その熱によってムダ毛を作り出す毛根にダメージを与えます。

この時日焼けをしていると肌のメラニンにも熱が反応してしまうため、毛根だけを狙い撃ちできず効果が落ちてしまうからです。

そのため、脱毛中は日焼けをしないようにUVカット機能が付いたカーディガンなどをはおったり、こまめに日焼け止めを塗りなおして紫外線を浴びないように注意しましょう。

毛抜きでの自己処理をやめる

三つ目は毛抜きでの自己処理をやめること。

毛抜きを使って処理をすると、毛根ごと引っこ抜いてしまうことになります。

脱毛の光は黒い色素に反応するため、毛根ごと抜くことで光が反応できなくなり、効果がなくなってしまいます。

また、毛抜きでの処理では毛穴に細菌が入り、その箇所が赤く腫れてしまう可能性があります。さらに、その後の肌は丈夫になろうとするため毛穴の表面が硬くなり、埋もれ毛の原因になってしまいます。

そこに脱毛の光を当てることで肌に大きなダメージを与えてしまうため、毛抜きでの自己処理は控えた方が良いでしょう。

保湿をする

四つ目は保湿をしっかりとすること。

脱毛をするときに、肌が乾燥しているとレーザーや光の強さを下げる必要があり、効果が半減してしまいます。

また、やけどの原因にもなってしまうため、あまりにも肌が乾燥している状態だと施術ができないというケースもあります。

逆に、保湿ができて肌が潤っている状態であれば脱毛機の光が奥の方まで届きやすくなり、効果が高くなります。

脱毛に通うとサロンやクリニックで使用している保湿液をすすめられることもありますが、肌に合う保湿液は人それぞれ異なるため、自分に合った保湿液があればそれを使いましょう。

脱毛のメカニズムを知ったうえでサロン選びをしよう

脱毛サロンやクリニックによっては、混みあっていてなかなか予約が取れないこともあります。

全身脱毛が完了するまでには、長い期間にわたって通う必要があります。

少ない負担で効率よく脱毛をすすめるためにも、自分でできる保湿のケアや紫外線対策を怠らないことが大切です。

脱毛の効果が感じられるまでの回数は人それぞれですが、費用面や回数もふまえて自分に合ったサロンを選びましょう。