男の乳首脱毛!クリニックやサロンでした方が良い?注意点を解説

女性ウケもUPする?男性の乳首脱毛

ムダ毛の脱毛は女性だけではなく男性にも多いですが、よくある脱毛箇所の腕足など以外にも忘れがちなのが乳首です。

男性は水着になるシーンなどでは意外と女性も見ている箇所。

見逃しがちな乳首脱毛は、デリケートな部分でもあるのでクリニックやサロンに行くのが恥ずかしいという人も。

乳首脱毛をサロンやクリニックでした方が良いのかどうか、そして自己処理する時の注意点についても詳しく解説します。

乳首脱毛の自己処理は肌を傷つけないように注意

乳首脱毛を自己処理で済ませているという男性もいます。

確かに自己処理はお金もかからず手軽にできるのがメリット。

しかし、肌を傷つけないためには十分気を付ける必要があります。

そこでまずは、乳首脱毛を自己処理する上での注意点について詳しく解説していきましょう。

乳首脱毛の種類と注意点

乳首脱毛の自己処理はいくつか方法があり、自分がやりやすい自己処理方法を選ぶのがベスト。

そして自己処理の場合には、しっかり注意点を理解しておきましょう。

毛抜き

ポピュラーな自己処理方法は「毛抜き」を使う方法です。

毛抜きはうまく行えば根本から綺麗に抜くことができます。

ただし、毛抜きで抜くときは皮膚も一緒に引っ張られるのでどうしても痛みがあります。

さらにもし乳首のムダ毛が多ければ抜く手間と時間がかかってしまうのはがデメリットです。

また、毛抜きによる脱毛で埋没毛や炎症といった肌トラブルを起こすことも。

埋没毛とは埋もれ毛とも呼ばれており、皮膚内で毛が成長してしまうこと。

一見、黒いブツブツがあるように見えます。

この埋没毛は放置すると炎症を起こすこともあり、ニキビのような吹き出物の毛嚢炎の原因になります。

剃刀・シェーバー

毛抜きと同様、ポピュラーな脱毛方法としてはシェーバーや剃刀を用いたやり方です。

シェーバーや剃刀を使えばササッと剃ることができ、痛みもありません。

痛みに弱くて手軽に脱毛したい方におすすめです。

しかし剃刀やシェーバーでは皮膚の上に飛び出ている部分しか剃れないため、毛根から処理することはできないのが難点。

根本からできない分すぐに生えてきやすいというのもデメリットです。

また、剃刀やシェーバーによって乳首や乳輪にある皮脂腺のモントゴメリー腺を傷つけてしまう可能性があります。

傷つけてしまうと痛いだけでなく、出血してしまうこともあります。

除毛クリーム

除毛クリームは、毛の気になる場所にクリームを直接塗るものです。

クリームを塗布するだけなので、痛みもなく、肌を切ってしまうこともありません。

しかし、除毛クリームの成分次第では肌荒れを起こしてしまう可能性はあります。

必ずデリケートゾーンにも使用できる除毛クリームを選びましょう。

肌が敏感な人は、除毛クリームの成分が肌に合うのかパッチテストをしてください。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは海外の有名人にも人気のある脱毛方法。

温めたワックスを薄く塗った後に、ワックスの粘着力を利用して、ガムテープを剥がすようにシートで脱毛します。

ブラジリアンワックスは、一本ずつではなく一度にある程度の範囲の脱毛ができるのがメリットです。

しかし痛みが強いものでもあります。

肌からワックスを剥がす時の痛みによる刺激が強く、痛みに弱い人には向いていません。

さらに、埋没毛ができやすいというのも覚えておきましょう。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器も自己処理方法のひとつです。

そして家庭用脱毛器で乳首脱毛をする場合、2週間に1回、早くて3カ月程度の期間がかかります。

家庭用脱毛器のメリットは、脱毛完了した後は長持ちしやすいということです。

一方で、痛みはあまり無いのですが、照射中にやけどをしてしまう可能性も。

取扱いには十分に気を付けなくてはいけません。

クリニックやサロンの乳首脱毛の特徴

続いては、クリニックやサロンの乳首脱毛の特徴を詳しく解説します。

乳首脱毛の方法はクリニックやサロンによっても方法が違います。

それぞれ脱毛方法次第でどんな人におすすめなのかも異なります。

乳首脱毛の脱毛方法と脱毛範囲

乳首脱毛には「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」「光脱毛」の3種類の方法があります。

ニードル脱毛

毛穴に針を差して電流を流し込み、毛根に直接刺激を与えることで毛の成長を妨げるのがニードル脱毛のやり方です。

ニードル脱毛を行う時は5mm以上の毛を伸ばしておく必要があります。

ひとくちにニードル脱毛といっても、針にも3種類あります。

近年では使用されることが少ない「直流針脱毛」、交流電流を流すことで痛みや火傷のリスクを減らす「高周波針脱毛」、高周波針脱毛と原理が同じだけど使う針の性質が異なる「絶縁針脱毛」です。

高周波脱毛や絶縁針脱毛は、どちらもクリニックでしか施術が受けられません。

またメリットとデメリットは下記の通りです。

ニードル脱毛のメリット ニードル脱毛のデメリット
肌の色関係なく使用できる 針を毛穴一本一本に挿すので痛い
毛根への刺激で毛の量を減らせる 一本一本の施術に時間がかかる
あまり毛が濃くない人にもおすすめ 人件費がかさむので費用も高い

どうしても針を毛穴に通すために痛みが生じてしまうので、痛みに弱い方にはあまりおすすめはできません。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛では向いていないとされている日焼け肌や地黒の肌など、肌色関係なく使用でき、乳輪内の毛にも可能です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、エネルギーの大きいレーザー光を使った脱毛方法です。

医療レーザーでの施術は医療行為に当たるので医師のいるクリニックでしか施術を受けられません。

医療レーザーの種類と特徴は下記の通りです。

レーザー名 特徴
ダイオードレーザー 痛いというイメージを払拭したレーザー脱毛で、低刺激かつ痛くないレーザー
アレキサンドライトレーザー 高価な宝石とされるアレキサンドライトを使用し、強力なレーザー照射できる。専用ジェルを使わない方法
ロングパルスヤグレーザー レーザーの波長が最も長く、長いことで皮膚の奥から発毛している毛に特におすすめの脱毛法。男性のヒゲに有効的
YAGレーザー ロングパルスと似ていて、色黒な人に有効的。
ライトシェア・デュエット 低刺激かつ痛みが少ない。吸引機によって皮膚を引き伸ばし、メラニンだけにしっかり照射させる方法
G-MAX 日焼け肌や太い毛、硬い毛にもおすすめできる。男性のヒゲにも有効的

クリニックによっては脱毛範囲が異なるので乳首脱毛できるかどうかも確認はしておく必要があるでしょう。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットを説明すると以下の通りです。

医療レーザー脱毛のメリット 医療レーザー脱毛のデメリット
肌へのダメージが少ない 赤みやひりひり感が生じる
強い照射力 毛嚢炎ができる可能性がある
少ない回数・短期間 炎症や火傷
痛みが感じにくい むくみ
スピーディーな脱毛機器の導入 色素沈着

医師のいるクリニックでの施術なので安全性や痛みも少ないので、痛みに弱かったり安全性を求めるなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

また、医療レーザーでは黒い色素に反応してしまうので、日焼けしている人や地黒な人は施術を受けられないことがあります。

乳輪の内側の施術もできないため、乳輪周辺までの施術になります。

光脱毛

光脱毛はニードル脱毛や医療レーザー脱毛と比べると、最も痛みの少ない脱毛方法です。

光脱毛は毛根を壊して毛の再生を抑えるというもので、永久的な脱毛ではないことは理解しておきましょう。

また、すぐに光脱毛の効力を実感できるわけではありません。

大体1~2週間経過すると光を当てた部分の毛が抜け落ちてきます。

光脱毛によって毛根が壊されても毛は皮膚に埋まっているため、抜け落ちるのに時間がかかるのが理由です。

光脱毛のメリットとデメリットは下記の通りです。

光脱毛のメリット 光脱毛のデメリット
施術料金の安さ 永久脱毛ではない
時間に余裕なくても通いやすい レーザーより通う期間が長い
施術プランがたくさん 産毛への効力は薄い

光脱毛はクリニックではなくサロンで行なう脱毛方法です。

クリニックと比べると料金が安いため、あまりお金をかけられないなら断然光脱毛がおすすめです。

そして光脱毛も医療レーザーと同じく、黒い色素に反応してしまうので乳輪内の脱毛はできません。

乳首脱毛にかかる費用と施術回数

費用の目安 施術回数
ニードル脱毛 1分換算で400円~800円 5~6回
医療レーザー脱毛(乳首まわり) 1回あたり10,000〜40,000円 5~6回
光脱毛(乳首まわり) 1回あたり約4,000円 12~18回

上記の表を基に、各脱毛方法の費用や施術回数について詳しく解説します。

ニードル脱毛の費用と回数の目安

ニードル脱毛の場合は、大体のクリニックでは時間で換算されるところや1本あたりの計算で費用が変わります。

大体5回程度の施術で効果を実感する人が多いようです。

医療レーザー脱毛の費用と回数の目安

医療レーザーにおいても各クリニックで費用はさまざまですが、大体1回1万円~4万円前後が相場です。

また、医療レーザー脱毛での乳首脱毛の完了までに必要な施術回数は5〜6回です。

光脱毛の費用と回数の目安

光脱毛は医療レーザーやニードル脱毛より比較的リーズナブル。

しかしその分施術が必要な回数も多くなり、脱毛完了まで総額で4万以上かかるぐらいになる場合もあります。

脱毛完了までの施術回数は、12回~18が目安です。

乳首脱毛おすすめのサロンやクリニック

続いては、乳首脱毛におすすめのサロンとクリニックをそれぞれ3社紹介します。

そしてなぜおすすめなのかも併せて解説いたします。

乳首脱毛のおすすめサロン

サロン名 料金
リンクス

(乳輪のみ脱毛の場合)

(光脱毛)

初回限定4,200円

1回都度払い8,400円

4回保証パス26,000円

8回保証パス52,000円

無期限で何回でも1,680円

メンズキレイモ

(胸パーツ)

(光脱毛のフラッシュタイプ)

【選べる3か所プラン】

118,368円(4回)

195,804円(8回)

212,004円(12回)

ボウズ

(胸パーツ)

(光脱毛)

【胸のみの場合】

22,000円

【胸・お腹コースの場合】

135,000円(5回)

200,000円(10回)

脱毛サロンのおすすめは上記の通りです。

リンクスは男性専用脱毛器を導入し、男性向けサロンとして人気です。

完全男性スタッフなので、女性の目が気になるという男性におすすめ。

メンズキレイモは完全個室での施術となり、女性の声から生まれたとされるキレイモのメンズバージョンです。

初回カウンセリングは無料ですので、なるべく費用を抑えたい方や個室でリラックスしたい方におすすめ。

ボウズは名古屋で生まれたメンズ脱毛サロンです。

新宿と名古屋にしかありませんが、駅近で料金も比較的安価。

新宿または名古屋に近く、手頃な価格で進めたい人におすすめです。

乳首脱毛のおすすめクリニック

クリニック名 料金
ゴリラクリニック

(胸・乳首・腹)

(医療レーザー)

【胸ツル・腹スベコース】

月々5,000円

一括だと225,000円

湘南美容外科クリニック

(Sパーツの乳輪周囲の場合)

(医療レーザー)

1回6,070円

3回コース17,410円

6回コース28,750円

ダンディハウス

(ボディ脱毛の場合)

(美容電気脱毛)

初回限定脱毛体験5,000円(税抜)

ゴリラクリニックは、多くの男性芸人や有名人がPRしているクリニックで、医療レーザーを扱い、強力な男性向け脱毛クリニックとして知られています。

脱毛器を使い分けることで脱毛スピードを速め、痛みを抑える3種類の麻酔を駆使して脱毛を行います。

湘南美容外科クリニックは医療レーザー脱毛なので威力は光脱毛よりも勝ります。

短期間での脱毛が可能で、湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛は痛みが少ないことで定評があります。

料金も医療レーザーにしては安価な方ですので、コスパがよく、かつ知名度の高いクリニックで施術を受けたい方におすすめです。

ダンディハウスは日本で初めてのメンズエステです。

そしてレーザーではなく、電気針脱毛を採用しています。

しかし高額かつ針なので痛みが強いというのが難点。

日焼け肌や地黒でもニードル脱毛なら施術可能なので、光脱毛やレーザー脱毛が肌の色でできない場合におすすめです。

どの方法を選ぶかメリットデメリットを考えて乳首脱毛をしよう

男の乳首脱毛には、「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」「光脱毛」の3種類があります。

ニードル脱毛は確実に脱毛できますが痛みが強いものです。

医療レーザーは医師が行うので安心できるという反面、何かしら肌トラブルが起きる可能性があるということ、光脱毛は料金が安価ですが威力としては他2つよりも最も劣るというメリットやデメリットがあります。

それぞれのメリットやデメリットを比較しながら、数々のサロン・クリニックをどこにするのかよく検討して乳首脱毛をしてみましょう。

投稿日:

Copyright© むきょげドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.