VIO脱毛で痛い思いをしないための方法を伝授!

VIO脱毛に興味を持っているけれど、どれくらい痛いのか不安に思っていますね。

実際にVIOは痛みが強く出やすい箇所で、全身脱毛の経験者でもVIOが最も痛かったという声は多いです。

しかしなかにはVIO脱毛が痛くなかったというケースもあります。

もちろん痛みの感じ方には個人差があるのは当然ですが、脱毛の痛みを軽減するための方法を取り入れているかどうかでも痛みに差が出てきます。

当記事ではVIO脱毛で痛みを感じないためにどうするべきか、医療クリニックと脱毛サロンではどういった違いがあるのかなど徹底的に解説しました。

痛みが心配でVIO脱毛をする勇気がない場合も、最後まで読み進めて頂ければ自身に最適な方法で安心して脱毛を始めることができますよ。

VIO脱毛は痛い?実際に施術した人の声は?

VIO脱毛は全身のなかでも痛みが強いと言われていますが、実際はどうなのか気になりますよね。

VIO脱毛経験者からの口コミをTwitterから引用したので参考にしてください。

痛かった

まずVIO脱毛が痛かったという口コミをピックアップしました。

VIO脱毛が痛かったと投稿している場合は、かなり強い痛みを感じているケースが多いですね。

しかし痛みを我慢してでもVIO脱毛するメリットはあるという口コミが多く見られました。

痛くなかった

次にVIO脱毛が痛くなかったという口コミです。

使用するマシンや施術するスタッフによっても痛みに差があるようです。

このように全然痛くないという口コミがあると安心できますね。

ただ痛くないという口コミを投稿している場合は、痛くない方法を積極的に取り入れている可能性も高いです。

VIO脱毛で痛みを感じないための対策は後ほど詳しく解説しています。

VIOラインだとどの部位が一番痛い?

そもそもなぜ脱毛で痛みを感じるのかと言うと、脱毛で主流のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では高熱の光を毛根に当てて弱らせる仕組みなので、高熱が当たった瞬間に火傷のような痛みを伴うからです。

なかでも痛みを感じやすいのは、皮膚が薄いデリケートな箇所や生えている毛が太い箇所になります。

まさにVIOはそのどちらも当てはまり、全身の中で特に強い痛みを感じやすいわけですね。

VIOのなかでも特に痛みが強く出るのは粘膜に近いうえに毛量もわりと多いIラインだというケースが多いです。

Vライン脱毛は太い針で刺されるような痛み

VラインはVIOのなかで最も皮膚が厚い箇所ですが、毛量が多く密度も濃いので痛みを感じるケースも多いです。

痛みを例えるならば、太い針で刺されるような感じです。

しかしなかには、輪ゴムで思い切り弾かれたくらい、一瞬熱さを感じるくらいだというケースもあります。

Iラインは一番痛みを感じる部位

IラインはVIO脱毛で最も痛みを感じやすい箇所だと言われています。

なぜなら粘膜に近く毛量も多いうえ、下着の摩擦などで色素沈着が起こりやすい箇所だからです。

なぜ色素沈着が脱毛の痛みに関係するかと言うと、脱毛時に使用するレーザーやフラッシュは黒い色に反応して照射するため、色素沈着があると毛根以外の部分にも反応してしまうからです。

痛みの感じ方はVラインのように太い針で刺されるようだったり、一瞬飛び上がるような痛みだったりします。

しかし口コミのようにそんなに痛みを感じなかったというケースもあるので、誰もが痛みを伴うわけではありません。

Oラインの痛みは個人差がある

OラインもIライン同様に粘膜に近い箇所ではありますが、痛みの感じ方は個人差が大きいです。

毛量が少ないのでVIOのなかでも痛みを感じにくい箇所だと言えます。

痛みを感じても静電気でビリっとしたり、輪ゴムで軽く弾かれたりする程度の感覚でしょう。

また、Oラインは範囲が狭いので、多少痛みを感じてもすぐに施術が終わるので安心してください。

痛みが強くなる要因

日によってVIO脱毛の痛みに差がある場合もあります。

なぜなら脱毛時の痛みを強くしてしまう様々な要因が関係しているからです。

初回の脱毛時

初めてVIO脱毛をする際は痛みを強く感じやすいです。

その理由として考えられるのは、初めての脱毛で緊張している、自己処理の積み重ねによる色素沈着などの肌トラブルがあることが挙げられます。

クリニックやサロンの脱毛機は、黒い色に反応してレーザーやフラッシュを照射するため色素沈着があると毛以外の部分にも反応してしまうので痛みを伴いやすいです。

また、初回の脱毛時は毛量が多いため、脱毛する範囲も広くその分たくさんの照射が必要になります。

しかし施術するたびに毛量は減っていきますし、自身も緊張しにくくなり痛みにも慣れるでしょう。

生理前

女性は生理前後や生理中はホルモンの影響で肌がデリケートになっています

生理前にニキビなどの肌トラブルが起きてしまうという場合も多いでしょう。

そのため、生理前や生理中に脱毛をすると痛みを強く感じてしまう場合もあります。

さらにVIO脱毛は生理中の施術ができないサロンやクリニックが多く、生理前後は脱毛の効果が少なくなることがあるため注意してください。

体調不良や寝不足、空腹

体調不良時や寝不足の日などは痛みを強く感じてしまいます。

また、空腹時も痛みに敏感になっています。

脱毛はあらかじめ予約していることがほとんどなので、施術日に合わせてできるだけ体調を整えておきましょう。

乾燥やニキビ、カミソリ負けなどの肌トラブル

色素沈着同様、肌にニキビなどの炎症や乾燥している場合は脱毛の痛みが強く出やすいです。

自己処理でカミソリを使う場合は、カミソリ負けしてしまったり、肌に傷がついてしまったりするので特に注意が必要です。

施術前に毛抜きや脱毛機などで毛を抜いてしまうと脱毛の効果が得られないので、電気シェーバーで自己処理すると良いですよ。

痛みを抑える方法

痛みを強く感じてしまう要因を踏まえたうえで、痛みを抑えるためにはこんな方法があることを理解しておきましょう。

生理前には予約を取らない

生理前は痛みを感じやすいだけでなく、脱毛の効果が少なくなることがあります。

そのため生理予定日近くは予約を取らないようにしておきましょう。

もし生理周期がずれてしまい予約日に生理が重なってしまった場合は、施術自体断られるケースが多いので早めに連絡して予約を変更してもらいましょう。

体調を整えていく

脱毛の予約は数週間前や数日前から取ってあることがほとんどでしょうから、予約日に合わせて体調を整えておくようにしてください。

特に予約前日は予定を詰め込まないようにして、早めに帰宅してゆっくり体を休めておきましょう。

急病の場合は仕方ありませんが、予約当日や前日のキャンセルはキャンセル料が発生してしまう可能性があるので注意してください。

保湿ケアをする

肌の乾燥を防ぐために保湿ケアをしっかりしてください。

顔や手足などの保湿ケアは十分に行っていることが多いでしょうが、VIOまで意識している場合は少ないですよね。

肌の状態が悪いと痛みを強くしてしまうので、少しでもコンディションを良くしておきましょう。

また脱毛前だけでなく、脱毛後も保湿をしっかりすることで肌トラブルへの対策になります。

痛くない脱毛機を使ってるサロンに行く

サロンやクリニックでは利用している脱毛機によって痛みに差が生じます。

なぜかと言うと脱毛機によって照射する熱の温度や出力、特徴が異なるからです。

医療クリニックで行うレーザー脱毛は、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛に比べて照射する出力が大きく熱の温度が高いので痛みも強くなる傾向があります。

しかし最新の脱毛機では痛みを軽減できるような仕様になっているものが多いので、医療クリニックでも痛くない脱毛ができるようになりました。

また、痛みが少ないと言われている脱毛サロンでも、ディオーネは高温ではなく体温に近い温度の光を照射するマシンを使用しているため痛くない脱毛を可能にしています。

クリニックに通う場合もサロンに通う場合も、そういった痛みの少ない最新の脱毛機を取り入れていることを条件に選ぶようにしましょう。

麻酔クリームや笑気麻酔を使う

医療クリニックでは脱毛時に麻酔を使い無痛の状態にすることができます。

麻酔と聞くと手術のイメージがあり不安になるかもしれませんが、脱毛時に使う麻酔は歯医者の治療時にも利用されているので安心してください。

脱毛時に使われる麻酔には主にクリームタイプとガスタイプの2種類があります。

麻酔クリームは施術する箇所に直接塗り30分程時間を置けば効果が表れる一方、ガスタイプの笑気麻酔は特殊な機械で鼻から吸入すると数分で効き目を実感できます。

いずれも安全に麻酔をできるように万全の対策をしていますので、痛みに不安があるなら是非活用すると良いですよ。

ただしクリニックによっては麻酔の追加料金がかかることや、笑気麻酔を取り入れていない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

クリニックと脱毛サロンの違いは?どちらが痛くない?

脱毛を始める際に医療クリニックか脱毛サロンどちらに行くべきか迷うことがあるでしょう。

結論から言うと、おすすめなのは医療クリニックです。

なぜなら低価格な料金で永久脱毛が可能で、脱毛にかかる回数や期間も少なく済むうえに痛みを軽減することができるからです。

美容皮膚科などのクリニックと脱毛サロンの大きな違いは脱毛を医療行為として行っているかどうかになります。

クリニックでは脱毛を医療行為としているため、毛根を破壊して永久的に毛を無くすことができます。

また、使用しているレーザーマシンも厚生労働省に届け出をして、医師の指導のもと施術を行うので安心感があるのです。

一方、脱毛サロンでできるのは体に損傷を与えない安全な範囲の脱毛と法律で定められているので、毛根を破壊することができず一時的な除毛はできても、永久的に毛を無くす効果はありません。

そのため永久脱毛を目指すなら医療クリニックに行くしかありませんが、前述したように照射する熱の温度が高いため痛みは脱毛サロンよりも強いことは理解してください。

各サロン、クリニックの脱毛機の比較表

脱毛サロンと医療クリニックで使用している脱毛機にはどういった種類があり、どんな特徴があるのかを比較しました。

脱毛機の種類 特徴 主なクリニック・サロン名
医療クリニック アレキサンドライトレーザー
  • 多くのクリニックで使われている
  • 照射漏れや重ね打ちの可能性が少しある
  • 産毛など色素の薄い毛にも脱毛効果が高い
  • 照射時のジェルが不要
  • レジーナクリニック
  • 湘南美容クリニック
ダイオードレーザー
  • 多くのクリニックで使われている
  • 照射漏れや重ね打ちの可能性が低い
  • 産毛など色素の薄い毛にも脱毛効果が高い
  • 皮膚を圧迫・冷却しながら照射するため痛みが少ない
  • レジーナクリニック
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック
  • フレイアクリニック
ヤグレーザー
  • 使用しているクリニックは少なめ
  • 打ち漏れや重ね打ちをしやすい
  • 日焼けした肌や色素の濃い部位にも利用できる
  • リゼクリニック
  • 表参道クリニック
脱毛サロン IPL方式
  • 数種類の波長を利用するため脱毛効果は高い
  • 産毛には効果が低い
  • 少し痛みが出やすい
  • 日焼け肌や色素沈着がある部位へ使用できない
  • キレイモ
  • シースリー
  • 銀座カラー
S.S.C方式
  • 毛の成長を抑制するジェルと微弱な光の照射を併用
  • 痛みはほぼない
  • 脱毛効果はIPL方式よりやや劣る
ミュゼプラチナム
SHR方式
  • 毛根ではなく毛包内のバルジ領域にダメージを与える
  • 低い温度で照射するため火傷など炎症のリスクが少ない
  • 痛みはほぼない
  • 太い毛には脱毛効果が低い
ラココ
ハイパースキン法
  • 体温に近い温度の熱を照射するため痛みや肌ダメージがほぼない
  • 日焼け肌や色素沈着があっても照射可能
  • 3歳の子どもにも利用できる
  • 効果を実感するまでに時間がかかる
ディオーネ

医療クリニックのマシンではダイオードレーザーが最も痛みが少ないうえに脱毛効果が高いです。

脱毛サロンのマシンではIPL方式が最も効果がありますが、やや痛みを伴うのが弱点ですね。

クリニックならダイオードレーザーを使用しているかどうかを基準にして、サロンなら脱毛効果と痛みの少なさどちらを重視するかで選ぶと良いでしょう。

また、クリニックによっては複数のマシンを所有していて、患者さんの肌状態に合わせて最適なマシンを使い分けるようにしている場合もありますよ。

敏感肌や肌トラブルがあり不安ならカウンセリングや医師の診察時に納得いくまで相談してください。

最も痛くないのはハイパースキンのディオーネ

比較したマシンのなかで最も痛みが少ないのはディオーネが取り入れているハイパースキン法の脱毛機です。

ハイパースキン脱毛は毛根へ高熱の光を照射するのではなく、肌にある毛の種に38度と体温に近い光を当てて発毛そのものを予防する新しい脱毛方法です。

高温の熱を使わないので痛みを感じず、火傷や乾燥・毛嚢炎などの肌トラブルの心配もしなくて済みます。

敏感肌の場合や3歳の子供にも使えるほど安全なのが嬉しいですね。

さらに、ハイパースキン脱毛の光には肌内部でコラーゲンの生成をサポートする「フォト美顔」の光が約3割含まれているので、美肌作用も期待できますよ。

ディオーネのVIO脱毛料金は以下の通りです。

全12回コース ショートコース6回 追加1回ごとのメンテナンス
ハイジニーナコース(VIO全ての毛を処理) 120,000円 72,000円 10,000円
Semiハイジニーナコース(VIOを希望の形に処理) 96,000円 57,000円 8,000円

他のサロンでは2~3ヶ月に1回の施術ですが、ディオーネでは3~4週間に1回(最短2週間に1回)のペースで施術できるので早く脱毛をしたい場合にもぴったりです。

ただし脱毛サロンのマシンでは脱毛効果が低いので、多くの回数施術する必要があり脱毛効果が実感できるまでにクリニックより時間がかかることがデメリットとなります。

サロンよりクリニックの方が痛いが回数が少ない

痛みのない脱毛を希望するならディオーネのようなサロンでの施術が良いですが、クリニックのほうが1回ごとの脱毛効果が高いので少ない回数で脱毛が完了します。

さらにクリニックでは永久脱毛が可能なので、数年後にまた毛が生えてきてしまうこともありません。

通院回数が少なく脱毛完了までの期間も短いので、何回も恥ずかしい思いをしたくない場合や、すぐに効果を実感したい場合などは多少痛みを我慢してでもクリニックで脱毛するメリットは大きいです。

また、脱毛費用に関しても脱毛サロンより安価に抑えられるケースも多いのが魅力と言えます。

例として湘南美容クリニックとリゼクリニックのVIO脱毛料金を記載しました。

湘南美容クリニック 1回 3回コース 6回コース
14,580円 29,800円 58,000円
リゼクリニック おすすめプラン5回コース トライアルプラン5回コース(対象院のみ) 定額プラン5回コース
99,800円 49,800円 月額4,400円×24ヶ月

ディオーネで6回のショートコースと比較しても湘南美容クリニックやリゼクリニックのトライアルプランは安く済むことが分かります。

また、ディオーネのように脱毛サロンでは6回の施術だと脱毛効果が十分得られない可能性が高いため、結局回数を追加して費用がかさむことになるでしょう。

クリニックでは5回や6回の施術ではっきりとした脱毛効果が得られるため、回数を追加して料金が割高になる心配はほとんどありません。

毛が濃くても6回の施術で毛量は減りますし、毛質も柔らかくなります。

もしツルツルが良ければ12回程度まで増やす必要がありますが、そこまで増やさなくてもほぼなくなる可能性もあります。

記載した湘南美容クリニックは好みの回数からコースが選択できますし、記載したVIOセットコースとは別にVIOラインいずれか一箇所のみのコースも用意されています。

そのためVラインだけ、Iラインだけの脱毛を希望しているなら脱毛費用をさらに抑えることができますよ。

クリニックは笑気麻酔が使える

医療クリニックでの脱毛で最もネックなのは痛みが強いことですが、麻酔を上手に取り入れれば無痛に近い脱毛が可能です。

脱毛サロンは麻酔を使うことができないので痛みを感じても我慢するしかありませんが、クリニックならその必要はありません。

麻酔クリームだと施術の30分前にあらかじめ塗っておく必要があるので事前に相談しておきましょう。

吸入する笑気麻酔なら数分で効果が現れるので、クリニックによっては施術を開始して痛みが強ければ途中から取り入れてくれる場合もあります。

臨機応変に痛みに対処できる点もクリニックならではのメリットです。

ただし麻酔を使用すると別料金がかかるクリニックも多いので注意してください。

たとえばリゼクリニックでは麻酔クリームも笑気麻酔も1回で3,240円の追加料金が加算されます。

もし追加料金がかかるのが嫌なら麻酔料金が不要なレジーナクリニックがおすすめです。

レジーナクリニックでは麻酔だけでなく剃毛料金も不要なうえ、引っ越しなどを理由に万が一解約しなくてはならなくなっても途中解約が可能で残りの回数に応じた費用を返金してくれるので安心感があります。

まとめ

VIO脱毛は痛みが強いという口コミが多くみられる一方、ほとんど痛みがないという口コミもありました。

その痛みの差はクリニックかサロンのどちらで施術しているか、どういったマシンを使用しているかによっても影響されます。

また、痛みを軽減する対策ができているかによっても痛みの感じ方に大きく違いが出るのです。

クリニックとサロンでは使用しているマシンの照射温度やパワーが異なるので、クリニックのほうが痛みは強くなってしまいます。

しかし永久脱毛ができるのはクリニックだけですし、少ない回数の施術で済むうえ料金も安く抑えられる魅力があります。

さらにクリニックでは最新のマシンや麻酔を併用することで痛みを最小限に抑えることができるため、当記事では医療クリニックでのVIO脱毛をおすすめします。

ただし生理前や生理中の脱毛は避けること、体調を万全に整えておくことも大切だということは把握しておいてくださいね。

こういった対策をきちんとしておけばVIO脱毛でも痛みのストレスなく満足する効果が得られるはずですよ。